美容外科ブログ - ナレサ美容形成外科

Blog

全ての記事

鼻整形完全攻略マニュアル❗ 準備・過ごし方

  こんにちは🍀ナレサ京都スタッフです❕ 暑い日が続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか🌞? 今年の夏は海にプール❗または待ちに待ったお鼻の手術❗という方も多いのではないでしょうか😊❓ ということで今回は、【手術前の準備・手術後の過ごし方】についてご紹介していきます❕ これから手術を受けられる方必見の内容となってますので、最後までチェックしてみてください✨     あれば便利❗鼻整形準備グッズ まずは事前に準備しておくと便利なものからご紹介いたします   ①深く被れる帽子👒 (オススメはバケットハット) 帽子はお顔が見えにくくなるので、外出時にオススメです😊✨ (手術当日の朝も被ってくるのをお忘れなく😨❗)   ②立体型マスク(オススメカラーはブラック) 立体的で高さもあるので、お鼻への圧迫も少なく、ギプスも隠れるのでオススメです👃💕 手術直後は鼻血が出る可能性もあるので、お色味はブラックが良いと思います❗   ③前開きの服🧥 前開きのお洋服は鼻や耳に負担をかけずに脱ぎ着出来るので、あると便利です❗   ④マスクバンド お鼻の手術では基本的に耳の軟骨も使います 中には「マスクのヒモが耳に当たって心配😑」という方もいらっしゃると思います マスクバンドを使うと、耳にヒモを掛けなくて良いのでオススメです😏❕   ⑤ぬれマスク・のどぬ~るスプレー 手術の翌日までは鼻栓をつけます。その間は口呼吸になるので、のどが乾燥しやすくなります😨 なので手術当日の夜は、ぬれマスクを付けて寝るのがオススメです😴💤 また、万が一のどが痛くなった時用に、のどぬ~るスプレーを用意しておくと安心かもしれません   ⑥ネックピロー 寝相が悪くて「寝ている間が不安😴」という方は、頭を固定できるネックピローがオススメです❗ ダウンタイムは少しでも短く❗術後の過ごし方 続いて、少しでもダウンタイムを短くするための術後の過ごし方についてお話します😊   ①手術をした場所を冷やしましょう🐧(術後48時間以内) 手術後にしっかりと冷やすことで、炎症(内出血やハレ)が広がるのを抑えられます❗最初に炎症の広がりを抑えることで、ダウンタイムが短くなります   ②寝る時は枕を高くして、なるべく仰向けで寝ましょう😴💤 心臓よりお鼻を高くすることで、むくみを抑えることができます 寝るときは、軟骨を取った耳が下にならないように注意してください!⚡   ③アルコールは抜糸までなるべく控えましょう🍶❌ アルコールによってハレ等の炎症が出てしまい、ダウンタイムを長引かせる原因になります   ④なるべく身体を動かして、一日中寝て過ごさないようにしましょう 寝て過ごすとむくみの原因にもなるので、術後1~2日目は日常生活レベルで体を動かし、 術後3日目以降はウォーキングなどの軽い運動を取り入れて血流を良くしてください🏃💨   ⑤お鼻は強くかまないようにしましょう お鼻が安定するまでは、あまり触らない方が良いです もしも、鼻水が垂れてきて鼻をかみたい時は、 鼻水をティッシュやタオルで軽く拭き取るように心がけてください✨ […]

  • スタッフブログ
  • 2022/08/19

鼻尖形成+鼻中隔延長+猫手術(肋軟骨を使いました)

    いま肋軟骨による鼻整形が増えています (肋軟骨についてはこちらで解説)     これは、手術を行う医師のレベルが どんどん上がっていることもそうですし 患者さんの要求レベルがあがっていることも 要因だと思います     新型コロナウイルスの影響で、渡韓が難しくなり これまで韓国で手術を受けていたような方達が 日本で手術を受けられるようになりました それによって、日本での症例件数が増え 日本の鼻整形のレベルが格段にアップしています また、形成外科出身であったり、きちんとした外科キャリアのドクター達が より多く美容医療に参入していることも大きく影響しています     患者さんの求めるレベルに関してはSNSの普及が大きいでしょう 以前は割とクローズドだった美容業界が SNSの普及でたくさんの情報に触れることができるようになりました 特に、手術を受けれらた方やこれから手術を受けようとしている方達目線での発信が格段に増えたことで 患者さん自身の“目が肥え”、知識も増え よりきちんとしっかりした手術が求められるようになっていると思います     さて、今回行った猫手術ですが 実は患者さんからの希望でした     ところで、聞きなれない方のために補足しますと 猫手術というのは、鼻柱基部という場所に ボリュームを出して陥没を治す手術のことです     話を戻して、患者さんからの希望というのは まず第一に鼻を整えたいというのがあったのですが それ以上のコンプレックスが鼻柱基部の凹みで ここをとにかく治したいとのことでした そのため、砕いた肋軟骨を鼻柱基部に入れています 結果的には、これがさらにバランスを良くしました     一般的な猫手術は、口の中からアプローチし 確かに鼻柱基部が前に出るのですが 人中も前に出て全体にこんもりしてしまったり 剥離スペースが広いので、ぐらつきを生じるリスクがあります     今回は、鼻手術と同時に行ったため それらの合併症を全て防ぐことができ 綺麗なCカールを形成しています […]

  • 症例 (鼻)
  • 2022/08/18

圧倒的に短い⁉️ナレサのダウンタイムをご紹介

こんにちは!ナレサ京都スタッフです😍❕ 皆さんの中に、「鼻整形をしたいけど、ダウンタイムが . . 」という方はいらっしゃいませんか? 手術をするうえで避けたくても避けれないダウンタイム . . 特にお鼻の手術となるとダウンタイムが「長い😨❗」そんなイメージありますよね . . ということで今回は! 鼻整形のダウンタイム(ナレサバージョン) についてご紹介します🖊️   みなさんのダウンタイムのイメージが変わってしまうかもしれません! ぜひ最後までご覧ください😏✨     ナレサのギプスってどんなの❓ まずは手術後につけるギプスについてご紹介🤥👃❕ 皆さんはギプスと聞くと、どんなものをイメージしますか? Youtubeで付けてる人を見たことあるよ😏❗って方も中にはいらっしゃるかと思います。   実際にナレサで付けているギプスはこんな感じです↓ いかがでしょうか😮❓ もっとゴツくて分厚いギプスを想像されていた方も多いのではないでしょうか? ナレサではマスクや帽子で隠しやすい【薄いギプス】を取り入れています❕   プロテーゼなしの手術では、スタッフが普段使っているマスクで隠すことができました😊❗ プロテーゼありの手術では、ギプスが目元まであるため、どうしてもマスクから少し出てしまいます。 その場合は、バケットハットのような深めの帽子を被っていただくのがおすすめです😆💕   それでも、ギプスをつけている間はどうしても周りにバレやすいかもしれません。 多くのクリニックは手術後7日間はギプス生活なので、約1週間のお休みが必要となります。 しかし!!ナレサのギプスは、、、なんと❗【術後約3日】で外せます😍💕 圧倒的短さ❗ 「そんなに短くて大丈夫😨❓」 もちろん大丈夫です。 なぜなら、技術ある医師は、術後のハレが小さくなるよう手術をしています。 なのでハレ予防としてギプスをつける必要がありません😤❗   もちろん装着期間が短いからと言って、お鼻の仕上がりに影響は一切ございません。 ( もし長くつけたい場合は、そちらも対応可能です😊) いかがでしょうか?この時点で鼻整形への壁は少し低くなったのではないでしょうか😊❓   ダウンタイムの経過 次は鼻中隔軟骨を使用した手術のダウンタイムをご紹介します。 こちらは、鼻フル手術後2日目の症例写真です!! いかがでしょうか😮? これが噂の【全然ハレない鼻整形】です😮💕本当にハレも内出血もない、誰もがうらやむ経過 . . ❗ もちろん、たまたまではありません。ハレないように手術をしているので当然ハレません😊   […]

  • スタッフブログ
  • 2022/08/12

切らない鼻中隔延長で失敗!?リスクと再手術について

  医療の進歩の過程には “低侵襲”というものがあります   例えば 虫垂炎の治療が、手術→抗生剤による保存的治療になったり 早期胃癌の治療が、手術→胃カメラによる内視鏡治療になったり 同じ手術でも、開腹手術→腹腔鏡手術になったり という感じで   なるべく体の負担が少ない治療に置き換わっていくのは 自然な流れと言えます   美容医療でも同じことが言えます 脂肪吸引→クールスカルプティングなどの機械による治療 切開フェイスリフト→糸によるリフト といった感じです   では、鼻に関してはどうなのでしょう? 糸による顔のリフトアップが普及した後 鼻先に糸を入れれば高くできるのでは? という流れが出来ました   糸で鼻先を高くする治療は、クリニックによって 切らない鼻中隔延長や切らない隆鼻術、〇〇ノーズなどと呼ばれていますが 確かに、ホームページにある症例写真をみると とても綺麗に変化しています ただ、これらの写真のほとんどは治療直後のものです 残念ながら、そこで長期経過やリスクについて語られることはほとんどありません   そのために、糸による治療で満足出来なかった方や トラブルを生じた方のご相談がとても多くなっています   という事で今回は、最新の論文の内容をふまえて 糸で鼻先を高くする治療の長期経過やリスク、再手術に関してお話していきます   効果と長期成績 まず、効果に関して   これは出やすい人と出にくい人がいます これは手術に関しても同じですが 簡単にいうと、組織の伸びやすさと、伸ばす方向で決まります こちらは論文からの引用 糸とさらにヒアルロン酸を組み合わせています 右が治療直後の写真ですが、効果に関してわかりにくいといえます   続いて長期成績について   こちらは、また別の論文からの引用 右は治療直後です かなり高く、綺麗な横顔になっています ところが・・・ 治療後6ヶ月で、ほとんど元に戻っています   まとめると、糸の治療は […]

  • 鼻整形について
  • 2022/08/10

医療ローンはじめました!

  こんにちは😊✨ナレサ京都スタッフです❕ 気がつけばもう8月ですね!8月というと【なつやすみ🌞】❕【お盆🎐】❕ ダウンタイムを過ごすなら〈今でしょ🙋🏻!!〉な季節がやってきました😍💕 当院もありがたいことに、たくさんのご予約をいただいております🙇🏻‍♀️   そして以前よりお客様から、 「スミダ先生の施術を受けたいけど、今すぐ全額は用意できない . .😨」 「全額を払うと手元にお金が残らなくて不安 . . 😨」 というお声もたびたび伺いました。   そして今回❕より多くのお客様に『スミダ先生の施術を受けていただきたい』という思いより、 ついに、、ついに、、、【医療ローン】をはじめました🤭💌     医療ローンとは❓ 医療ローンとは、施術代金を分割してお支払いいただけるローンサービスになります。 月々のお支払い金額や、支払い回数等、お客様一人ひとりにあったプランをご案内致します。   お申し込みの流れはとっても簡単😏🍀 クリニックにて申し込み ↓ 審査(5分~10分で結果がわかります) ↓ 審査に通ると最短当日で契約完了😍💕   もちろん学生さんや主婦の方でもご利用いただけます。 また、当院の医療ローンは金利がとても低いので、ムリなくお支払いいただけます❕   ローンの比較 当院の医療ローン    100万円36回払い → 約32,500円 / 月   某医療ローン    100万円36回払い → 約34,300円 / 月 当院の総額+64,000円 X銀行    100万円36回払い → 約34,500円 / 月 当院の総額+80,000円   […]

  • スタッフブログ
  • 2022/08/03

肋軟骨を使った他院修正

    他院修正は難しい?初回手術と違う?   美容外科に興味があって、色々情報収集をしていると 他院修正とか修正手術という言葉に出くわしませんか?   そこでよく書いてあるのは、修正は難しいということ   そう、修正手術は難しいんです   なぜか?   例えば、料理を作るのに失敗したとします 材料があればまた作り直せば良いですが 材料がなければ、できることは 調味料を加えて味を調整するくらいでしょう   手術も似ているところがあります 1度手術した箇所は、全く元に戻すことはできません 特に、元々ある組織を切除している場合や 過度の操作で弱ってしまった場合、条件はかなり厳しくなります また、当然使える材料によっても結果は大きく変わります   そういうわけで、修正手術は難しいのです 私たち外科医が、初回手術が大事と口酸っぱく言う理由は まさにこれです   修正するのはどういう人?   では、実際修正で相談に来られる方は どういう人が多いのでしょうか? 大体3つのタイプに分類できます   ①感染を起こした 前回手術で感染をおこして、なおかつ治療の遅れなどで治りが悪かった人 軟骨がとけてほとんどなくなってしまっていたり 拘縮といって、皮膚や粘膜が硬く縮こまっている場合もあります   修正難易度としてはかなり高く、高難度手術となる事が多いです   ②デザインが気に入らない 手術を受けたが、手術前に自分の思っていたイメージと大きく違う場合 鼻整形を割と専門にしている医師であれば、まずほとんどシミュレーションを行うので イメージが大きくずれることはありませんが シミュレーションを行なっていなかったり わりと古い手術のやり方をしているクリニックで 手術を受けた場合に起こります   前回どのあたりまで手術をしているか、また組織の切除量によって 修正の難易度は変わります 大体は中等度です   ③曲がってきた、元に戻ってきた アジア人の鼻整形の場合、鼻先を今より高くしていくことがメインです […]

  • 鼻整形について
  • 2022/07/31

ぶた鼻を解消する手術

  鼻尖の手術で鼻先を下に向け、さらに細くしています 鼻筋には控えめのプロテーゼを使っています   【手術内容】 鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨と耳介軟骨を使用) プロテーゼ     ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、そして日本全国、アジア、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/06/21

プロテーゼ無しでも、綺麗になる?

  鼻を綺麗にしたい! でも、大きくは変えたくない 自然な感じがいい プロテーゼとか、人工物は入れたくない   こういうご相談も、とても多いのですが できます 大丈夫です   もともと、日本人の鼻整形の歴史というと 欧米人のように高い鼻、しっかりした鼻筋に憧れてはじまったので プロテーゼを入れて高さを出すのが主流だったのですが   今はどちらかというと、 日本人らしい可愛さや綺麗さの中で 鼻を整えるご希望が多いと思います   鼻先の手術だけ この方の手術内容としては、 鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨、耳介軟骨使用) プロテーゼは使っていません ポイントは、鼻筋のぼこぼこも真っ直ぐなおっているところ これには色々ポイントとコツがあります   とてもナチュラルで綺麗な変化ですね   鼻先だけのご相談もお気軽にお問い合わせください   ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、そして日本全国、アジア、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/06/11

【目の下のたるみ取り】を徹底解説!

  こんにちは❕ナレサ京都スタッフYです🐈💖   皆さんはナレサのYoutubeをご覧になったことはありますか? Youtubeでは、スミダ先生がダウンタイムを【短くする秘訣】や【今まで誰も話してこなかったお鼻の話】【鼻整形は実際バレるのかバレないのか!?】 など様々な情報を発信しています😍🌟   そして実はその中に、私が受けた大人気手術❕ 【目の下のたるみ取り(眼窩脂肪除去術)】について 語っている動画もあります✨   という訳で今回は❕ Youtube動画に合わせて、ダウンタイム中の写真や当時の様子など、 この記事を読んだだけで【目の下のたるみ取り】のすべてが分かる! そんな情報を、あますことなくお届けしていきたいと思います😊✨   『手術前の悩み』   綺麗な涙袋は、涙袋がくっきりしていて、境目がハッキリしています❕ でも、私の場合は目のしたの脂肪(目袋)がボコッと出ていて、涙袋と目袋の境目が分からなくなっています💦 このコンプレックスを先生にぶつけてみたところ 【目の下のたるみ取り】をおすすめしてもらい、思い切って受けることにしました😍💕   『どのようなダウンタイムをすごしたのか』 『憧れの涙袋は手にはいったのか!?』 まるっと全部ご紹介したいと思います❕✨   ちなみに・・・目のしたの脂肪がぷるんっとでてくる、 手術中の動画はコチラです🐣✨   『手術直後・当日』   麻酔から目が覚めた時はうとうとしていましたが、 15分後にはしっかりと目が覚めました🍀 そのあとも痛みはなく、ちょっとハレているような感じがしましたが、電車で帰れるくらいのハレでした🚃 家に帰ってからは、冷やすとダウンタイムを短くできるので、 ひたすら目の下を冷やしました🐧🧊 また、顔を洗うときは、目元をコスらないように 泡でやさしく洗ったり、なるべく目元を触らないように注意しました😶❕ あとは、お酒はダウンタイムを長引かせる原因になるので1週間くらいはやめてました🍺×   ひとことコメント:ダウンタイム中はなるべく鏡を見ないことをおすすめします🪞! 鏡を見ると余計にハレや内出血が気になります❕ 気にしない❕気にしない❕✨   『術後1日』   手術当日と比べるとハレが大きくなり、より赤みが出てきました❕ 痛みはこの日以降もなかったですが、 大泣きした次の日のような目の重たさはありました😶 目の裏に傷があるので、この日はメガネで出勤しました🤓 メイクは1日目からして大丈夫だったのですが、 目の下を触るのが怖くてこの日はスッピンですごしました💦   ひとことコメント:ダウンタイム中はネガティブになりがちなので、 […]

  • スタッフブログ
  • 2022/06/04
治療のご相談・
ご予約はこちらから

ナレサ美容形成外科京都

Naresa plastic surgery kyoto

〒600-8095 京都府京都市下京区
扇酒屋町275番1KOWA東洞院4階
【診療時間】09:00~18:00

ナレサ美容形成外科は鼻整形を専門とした
京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良、関西、日本、アジア、
そして世界へと発信していくクリニックです