症例 (鼻) - ナレサ美容形成外科

Blog

症例 (鼻)

3日目腫れのピークから、完成6か月までの長期経過【プロテーゼ+鼻中隔延長】

  みなさんが鼻の手術をうけるにあたって気になること ひとつは、手術後どれくらい腫れて、どれくらいで落ち着いてくるのか またひとつは、どれくらいで完成してどれくらい後戻りするのか ではないでしょうか? ここでは、こちらの症例写真とあわせて、当院の手術経過を説明していきます 手術内容は、プロテーゼ+鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨と耳介軟骨を使用)です 3日目が腫れのピーク どんな手術でもそうですが、大体主手術後数時間してから腫れが強くなっていき、腫れのピークは手術後3日目にきます プロテーゼを入れる場合は、この時期にアバター鼻っぽくみえたり、目の周りまで腫れますが心配はいりません ここからどんどん腫れがひいていきます 逆に、3日目を過ぎてから腫れが強くなったり、痛みが強くなったりする場合は、感染などの合併症を疑うのですぐにクリニックへ連絡をしてください   5~7日目に抜糸 一般的には1週間目に抜糸をすることが多いですが、5日目でも全く問題ありません このあたりは浮腫み(むくみ)が引いていく時期なので、1日1日の変化が大きいです   1カ月~6か月 1カ月で腫れがほとんどひいて、完成のかたちがかなりみえてきます ここからは、後戻りとの戦いと、皮膚の引き締まりがはじまっていきます 当院では、モニター患者さんの場合6か月までご来院頂きます この時期になると、中の吸収糸は全て溶けて軟骨がしっかりくっついているので、ほぼ完成といっていいでしょう 鼻かみなどの制限は全てなくなり、何も気にせず過ごせます   ダウンタイムまとめ プロテーゼ+鼻中隔延長という、標準的な鼻整形 鼻フルとも呼んでいたりしますが 当院での治療経過をご紹介いたしました ダウンタイムのイメージに役立ちますと幸いです   ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、関西、そして日本全国、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/11/16

鼻尖形成+鼻中隔延長+猫手術(肋軟骨を使いました)

    いま肋軟骨による鼻整形が増えています (肋軟骨についてはこちらで解説)     これは、手術を行う医師のレベルが どんどん上がっていることもそうですし 患者さんの要求レベルがあがっていることも 要因だと思います     新型コロナウイルスの影響で、渡韓が難しくなり これまで韓国で手術を受けていたような方達が 日本で手術を受けられるようになりました それによって、日本での症例件数が増え 日本の鼻整形のレベルが格段にアップしています また、形成外科出身であったり、きちんとした外科キャリアのドクター達が より多く美容医療に参入していることも大きく影響しています     患者さんの求めるレベルに関してはSNSの普及が大きいでしょう 以前は割とクローズドだった美容業界が SNSの普及でたくさんの情報に触れることができるようになりました 特に、手術を受けれらた方やこれから手術を受けようとしている方達目線での発信が格段に増えたことで 患者さん自身の“目が肥え”、知識も増え よりきちんとしっかりした手術が求められるようになっていると思います     さて、今回行った猫手術ですが 実は患者さんからの希望でした     ところで、聞きなれない方のために補足しますと 猫手術というのは、鼻柱基部という場所に ボリュームを出して陥没を治す手術のことです     話を戻して、患者さんからの希望というのは まず第一に鼻を整えたいというのがあったのですが それ以上のコンプレックスが鼻柱基部の凹みで ここをとにかく治したいとのことでした そのため、砕いた肋軟骨を鼻柱基部に入れています 結果的には、これがさらにバランスを良くしました     一般的な猫手術は、口の中からアプローチし 確かに鼻柱基部が前に出るのですが 人中も前に出て全体にこんもりしてしまったり 剥離スペースが広いので、ぐらつきを生じるリスクがあります     今回は、鼻手術と同時に行ったため それらの合併症を全て防ぐことができ 綺麗なCカールを形成しています […]

  • 症例 (鼻)
  • 2022/08/18

ぶた鼻を解消する手術

  鼻尖の手術で鼻先を下に向け、さらに細くしています 鼻筋には控えめのプロテーゼを使っています   【手術内容】 鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨と耳介軟骨を使用) プロテーゼ     ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、そして日本全国、アジア、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/06/21

プロテーゼ無しでも、綺麗になる?

  鼻を綺麗にしたい! でも、大きくは変えたくない 自然な感じがいい プロテーゼとか、人工物は入れたくない   こういうご相談も、とても多いのですが できます 大丈夫です   もともと、日本人の鼻整形の歴史というと 欧米人のように高い鼻、しっかりした鼻筋に憧れてはじまったので プロテーゼを入れて高さを出すのが主流だったのですが   今はどちらかというと、 日本人らしい可愛さや綺麗さの中で 鼻を整えるご希望が多いと思います   鼻先の手術だけ この方の手術内容としては、 鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨、耳介軟骨使用) プロテーゼは使っていません ポイントは、鼻筋のぼこぼこも真っ直ぐなおっているところ これには色々ポイントとコツがあります   とてもナチュラルで綺麗な変化ですね   鼻先だけのご相談もお気軽にお問い合わせください   ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、そして日本全国、アジア、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/06/11

1ばん人気な鼻整形のダウンタイム

    当院の手術の特徴として、 ダウンタイム(腫れている期間や、働けない期間)が短い というのがあります     手術の際、丁寧に丁寧に色々工夫をこらしているからなんですが 今回は、一番ポピュラーな鼻整形のダウンタイム、手術経過をご紹介します     20代女性で、鼻を全体的に高くして、存在感を出したいとのご希望でした 肋軟骨の手術は希望されなかったため、(肋軟骨手術についてはコチラ) プロテーゼ、鼻尖形成+延長(中隔軟骨)という内容で手術を行いました   大手美容外科だと、 プロテーゼ、鼻中隔延長、鼻尖形成(3D)、鼻尖部軟骨移植というメニューですね     手術後3日目、ノーメイクです どうでしょう? 鼻整形3日目で想像する腫れより、だいぶ少ないんじゃないでしょうか?   若い方だと、このように鼻以外のお顔全体が水分で浮腫みやすいんですが すぐに引いていきます   内出血がほとんどないところは、かなりポイントです   腫れを少なくするには、いかに出血をコントロールするかが かなり重要です     手術後7日目、ノーメイク、抜糸直後です むくみもかなり引きました 人と会っても、違和感ないと思います     1ヶ月、ノーメイク 腫れや内出血が完全に無くなりました     術前と見比べてみましょう 鼻が全体に高くなって、とても存在感が増しました   手術で一番腫れる時期は、大体2、3日目です 傷の箇所以外は、メイクもできるので ダウンタイムは3〜7日と、説明しています   こちらの経過が、当院鼻整形の標準的なダウンタイムなので 手術を受けられる際のご参考にしてください     さらに、1日でもダウンタイムを短くする方法を 動画で解説しました   […]

  • 症例 (鼻)
  • 2022/05/30

鼻の穴を目立たなくさせる手術

  鼻尖の手術で、鼻先を下げつつ、団子鼻を解消し 小鼻縮小で、さらに鼻の穴を小さくしました   【手術内容】 鼻尖形成+鼻中隔延長+軟骨移植(鼻中隔軟骨と耳介軟骨を使用) 鼻翼縮小(内側)   ナレサ美容形成外科京都は鼻整形を専門としたクリニックです 京都、大阪を中心に、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、そして日本全国、アジア、世界へと発信 他院修正、肋軟骨、鼻中隔延長などの高難度手術から、プロテーゼや小鼻縮小などの軽手術まで幅広くお任せください カウンセリング予約やご質問は、お得情報もお届けしているLINE登録がおすすめです🌟  

  • 症例 (鼻)
  • 2022/03/21
治療のご相談・
ご予約はこちらから

ナレサ美容形成外科京都

Naresa plastic surgery kyoto

〒600-8095 京都府京都市下京区
扇酒屋町275番1KOWA東洞院4階
【診療時間】09:00~18:00

ナレサ美容形成外科は鼻整形を専門とした
京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良、関西、日本、アジア、
そして世界へと発信していくクリニックです